3分でわかる在宅ワーク

在宅ワークを行う場合、クライアントから連絡が来た時に、それを確実に受け取れるような体制を取っておくことが大切である。
というのは、在宅ワークで突発的な仕事の場合、連絡が一番についた人に、仕事が振られるということもあるためだ。


まず、必要なのは電話番号。

固定電話と携帯電話は両方ある方がいい。

というのは、在宅ワークのクライアントは、実際に在宅ワークを行っている個人に連絡をしたいということになるので、携帯電話の方によくかかってくる可能性があるし、固定電話があると信頼感が増す。



携帯電話を持つ時に注意したいのは、番号の維持である。

御池パークマンションに関する情報をまとめました。

真剣に在宅ワークを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。


固定電話と携帯電話を比べて固定電話の方が、信頼感があるのは、携帯電話というのは、契約と解約が簡単に可能だからである。今は、携帯電話の通信会社を変えた場合でも、携帯の番号を持ち出すことが可能なので、会社を変更する場合は必ず番号を引きつぐようにしよう。
もし、番号が変わってしまうと以前のクライアントが時間をおいて仕事を発注してくれた時に連絡がつかないということになってしまう。

メールも必ず用意しておいた方がいい連絡手段だ。


これは携帯電話のメールでもいいが、もし在宅ワークに使うファイルを受け取る可能性があるのなら、パソコンからアクセス出来るフリーメール、もしくはプロバイダのメールアドレスか独自ドメインのメールアドレスを持った方がいい。というのは、携帯電話で仕事用のファイルを受け取った場合、パソコンに転送をする必要があるためだ。

これは少し手間になってしまう。

芦屋の不動産情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

パソコンで使うメールアドレスを取得する場合、電話番号と同様に、基本的に変わらないものを選ぶようにしよう。

プロバイダのメールアドレスだと、プロバイダを変更すると、メールアドレスが使えなくなることが多いので、フリーメールか独自ドメインのアドレスの方がいい。

この両方を比べると、独自ドメインの方が在宅ワークのクライアントに対しての信頼性が高い。