パーキングメーターの秘密-矛盾だらけの有料駐車場

パーキングメーターの秘密-矛盾だらけの有料駐車場

パーキングメーターは本来駐車禁止の場所(路上)で40分や60分を上限に時間限定で駐車を許可するという制度です。

パーキングメーターは駐車場ではないものの実質的に時間限定の有料駐車場として使用されていますが、指定時間を過ぎて同じ場所に駐車を続けるとお金を追加しても駐車違反となります。



パーキングメーターの使い方は、指定された枠をはみ出さないように駐車してから機械にお金を入れて、出てきたシールを外から見える場所に貼付するというものです。

機械が駐車車両を検知した時点から自動的にタイマーがセットされますが、お金を入れるタイミングは駐車してからなるべく早くとだけ書かれてあるだけで、具体的に駐車後の何分以内にお金を入れなければならないと決まっている訳ではありません。実はメーターの設定では、指定された時間よりも1分前までにお金を入ることが出来るようにセットされています。




さらに法律上はその場所に指定された時間を越えて駐車し続けたら違反となるだけで、お金を入れずに駐車したとしても時間内であれば駐車違反が成立しないのです。

アメ車の買取りを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

つまり、枠内に駐車してお金を入れても入れなくても指定時間を越えなければ駐車違反とはみなされる事が無いということになります。
もしも機械にお金を入れずに駐車していたら駐車監視員などがお金を入れるようにとの注意書きが書かれた紙を置くことがありますが、これはあくまで注意書きであって違反切符ではありません。

結論として、パーキングメーターにお金を入れずに駐車しても制限時間を越えなければ駐車違反が成立せずに、時間限定無料の駐車場として使用できてしまうことになります。


オリジナリティに富むゴルフクラブのシャフトについて説明致します。

逆に機械にきちんとお金を入れて、時間を越えたら追加でお金を入れてたとしても、1分でも指定時間を越えたとしたら駐車違反となってしまいます。

ゴルフクラブのシャフトに関するご案内です。

http://www.mlit.go.jp/jidosha/kankyo.html
http://www.jucda.or.jp/
http://www.kei-yoyaku.jp/lmvio-web/top.do


Copyright (C) 2015 パーキングメーターの秘密-矛盾だらけの有料駐車場 All Rights Reserved.